2009年03月29日

TCのお仕事

や〜〜とブログを書く余裕が出てきました。


私は今 TC というお仕事をさせていただいてます。


Terefonn comyunikater です。

テレフォンコミュニケーター






要は テレフォンセンターで 顧客に電話かけまくり〜〜です。


これが 結構おもしろくて・・・




ベテランさんと同じくらいに契約とってる。(軽く自慢)



グラフの棒が延びると 素直にうれすいっ!ッス!!




シフトも選べるので 誰かと調整することもなく

自分で好きなように時間を決めて仕事してます。




そういえば 私の母親

昔 某P化粧品のセールスをしていた。



そういえば 私の一番上の姉

つい先日定年になるまで

東京ガスの検針のついでに ファンヒーターをバンバン売っていた。



そういえば 私の二番目の姉

結婚した当初 某N化粧品のセールスをしていた。



そういえば 私

若い頃 銀行の窓口で“店頭セールスリーダー”だった。



血筋? かな?



ハングリー精神です。何事も。



パパの行き先もほぼ決まり

我が家にも少しずつ明るさが復活してきました。



ファイ!!
posted by そま at 17:21| 大阪 ☁| Comment(2) | ほのぼの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

あれから・・・

すみません。ご心配かけています。


パパ その後・・



辞めます。

と言った次の日には 社長から電話がかかる。



お世話になったのに申し訳ない気持ちでいっぱいになる。

そして 体調をくずす。



もう無理

やっぱり辞めます。



また次の日 社長からコールがある。



結局 社長も ウチのパパのこと気になって仕方がない感じ。



他のカメラマン達は独立を決めたり

全く違う分野の職業を考えて動き出している中で


どうしても 今の仕事に見切りがつけないパパ




解散といっても 仕事がなくなったわけじゃない。

倒産するわけでもない。




社長が 年齢のこともあって もう隠居生活をしたい。と。


ただ パパがずっと受け持っていた大手の取引先に迷惑を掛けられない。




パパも迷いに迷っていた。


その大手の仕事を引き継ぐためにスタジオを立ち上げるには

出資金・機材・運転資金に加え 取引先の株も相当買わないといけない。



大手と言っても 継続的に仕事があるという保障もない。



こんな冒険はできない。



ひとりで 小さな写真スタジオを立ち上げるのとは訳がちがう。



今まで社長には大事にしてもらってきた。




結婚して7ヶ月のころ 

長女キリコがおなかの中にいたときに

当時パパが勤めていた大阪の写真スタジオが危なくなった。。





これからの生活を考え

今まで同業者のつながりがあった姫路の写真スタジオに

作品集をもってお願いにいった。


現社長は 肩を抱いて喜んでくれた。


あのころのパパは若かったしガッツがあった。

頼もしかった。



結果 大阪進出を考えていた社長の思いと合致して


スタジオも現状のまま

機材も仕事もそのまま引き継ぐ形で

華々しく 大阪にもスタジオを作った。



パパをご指名の取引先がふえた。


       ・・・・・・・・・・・・・



辞める。と決めた今も


パパの撮影じゃないと困る。といってくださる企業がある。






そろそろ 確かな 答えを出さないといけない。


無責任に 辞める。とは言えないような気もする。




パパの気持ちも落ち着いてきたので

最近は 車も運転できるまでになった。




少しずつ 自信もとりもどし

責任感も復活してきた。




現状から逃げ出すことしか考えていなかったのが

現実をみることができるようになった。



あと少し 


パパが元気なら それでいい。



いつも優柔不断で決断力のない人。



会社の若い子たちにも

今回の事では 醜態を見せ付けてしまった。



でもいいよ。人間らしくて。


家族の事・会社のこと・取引先の事・社長の事

いろいろ考えすぎるがゆえに迷って悩んで答えが出せない。





パパがどんな風になっても着いていくから。

家族のすごさをみせてあげよう。



とりあえず

私は 来週からの仕事が決まり

ちょっとワクワクしています。


団結!


posted by そま at 11:12| 大阪 | Comment(3) | 世帯主パパ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
WAK2MAIL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。