2009年01月30日

頑張るぞい!

ワタクシ

管理組合の理事長



建物の事も工事関係の事も

何もわからない頼りない理事長




その理事長あてに





先日


「管理組合理事長殿」




という ある住民からの苦情を文書でいただいた。



共有部分の一部劣化による被害がでている。

早急に対策をして下さい。・・・と。




被害者によると・・・

3年前にさかのぼることらしい。








ずっと管理人さんに言い続けていたあることを

管理人さんは さほど重要とは思わずに

真剣にうけとめなかった。





その間にもある部分の劣化は進み

家のリフォームを強いられることになった。




その話は 聞いていました。




当時の管理人さんは 去年12月で退職され

今は 管理人歴20年近いベテランの方がいてくださる。

私達と一緒にスタートの現管理人さんからお聞きした。




修理費用も リフォーム費用も

管理修繕費で掛けているマンション保険から出たはず。



ただ 問題は その次。


ある共有部分の劣化が原因


当マンションは 管理組合がしっかりしていて

管理もきちんとなされている

と聞いていた。


ただ

この劣化部分だけは

何故か 6年前に施された大修繕の項目からはずされていた。


??


で、当時の工事を計画した

管理会社と施工業者にきちんと説明をしてもらい

早急に対処して欲しい。


という嘆願書のような内容



さらに

今後 劣化にともなう修理関係は



保険が適用されない らしい。



ということは

同じような被害が起こったとき

自費負担になる。



だから

当時の工事関係者に責任を追及しろ!


ということらしい。




この文書を管理人さんに持参した住民と 直接話をした。

個人的にもよく知っている人




今までのいきさつをすべてお聞きした。

理事長になった私のこの数ヶ月の気持ちも出来事も

すべてお話した。

お互いに それで ほぼ理解し合えた。と思う。



この件に関しては

特別に委員会を立ち上げることになる。


でないと

毎年交代する管理組合では対処しきれない。



もちろん

このいきおいのある文書の主も 参加してくれる。



ちょっと 交渉してみる価値はあるような気がする。




ただ問題は・・

お世話になっている管理会社をも

テキにまわすことになりかねない。



むつかしい。


それに

ネットでいろいろ調べてみると

案外 専門家でも

この部分の劣化は計算外の箇所らしい。



どうなっていくのかな・・・


一番怖いのは

責任をはっきりさせている間は

劣化箇所の調査も住民へのアンケートもできないので


その間に

もっともっと 被害が大きくならないか・・・



まじで 

引越ししたいよ。もうやだ〜(悲しい顔)




けど パパが全部の話をちゃんときいてくれて

一緒に考えてくれるから 




やっぱり 頑張る。


そして

悩んで 悩んで


痩せたるわっ!!


(関係ないかぁ・・・)
posted by そま at 10:39| 大阪 ☁| Comment(2) | 管理組合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

初コメになります。

仕事上、よく見させてもらってます。

いろいろ参考になります。

また寄らしてもらいますね。失礼します。
Posted by ☆KEEP BLUE☆ at 2009年01月31日 14:38
☆KEEP BLUEさまへ☆

コメントありがとうございます。

私のブログのどのあたりが参考になるのでしょうか??

よくわかりませんが・・・

また来てくださいね。
Posted by そま at 2009年01月31日 16:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
WAK2MAIL
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。